用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【IP-VPN】


 VPN は、バーチャル・プライベート・ネットワークの略で、日本語で「仮想専用線」と呼ばれることもある。

 いわゆる専用線サービスは、利用する拠点と拠点を専用の通信回線で常時接続したもの。誰でも利用できるインターネット回線と違って安全性が高い。また、通信速度などの品質も選ぶことができる。

 しかし、専用線サービスは費用がかかる。そのため、データを暗号化することで、インターネットで専用線に近いサービスが提供されるようになった。これを、仮想的な専用線ということで VPN と呼んでいる。

 実際には VPN にも種類があって、インターネットを使った一般的な VPN をインターネットVPN と呼んで区別することがある。これに対して、専用の IP通信回線を使った VPN を IP-VPN という。IP-VPN の方が安全性が高いものの、コストは高くなる。

 なお、IP-VPN に使用されるような専用の IP回線を「閉域網」(閉域ネットワーク)と呼ぶことがある。また、IP-VPN は ISO参照モデルのレイヤー3 に対応した通信サービスということで、L3サービス(レイヤー3サービス)ということもある。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top