用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【IEEE802.11n】

 無線LAN の規格の 1つ。従来の規格より通信速度が速い。

 無線LAN の規格は、IEEE802.11 、IEEE802.11b、IEEE802.11a、IEEE802.11g といった順で実用化し普及してきた。

 当初の IEEE802.11 の通信速度(スループット)は、わずか 2Mbps。かなり遅かった。その後、広く普及した IEEE802.11b は 11Mbps。その当時は、なかなか実用的なスピードだと思われていた。しかし今では、これもかなり遅い。

 次に、IEEE802.11a と IEEE802.11g が普及した。これは、理論的な最高速度が 54Mbps、実際の通信速度はこの半分くらい。これは、一般的なウェブサイトの閲覧なら問題ない程度。

 しかし、たとえば動画の再生など容量の大きなデータ送信には、まだ力不足。そこで、最高通信速度150Mbps の新規格として登場したのが、IEEE802.11n だ。実行速度は、やはり半分くらいになるものの、ハイビジョン映像も送信可能な速度が得られる。

 具体的には、複数のアンテナを使って同時に通信する経路を増やし、通信速度を上げる MIMO という技術が使われている。そして現在は、450Mbps まで高速化が進んでいる。

 IEEE802.11n が正式に策定されたのは 2009年9月だった。しかし、それ以前から IEEE802.11nドラフトに対応した機器が販売されていた。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top