用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【IEEE802.11】

 無線LANで標準的に使われている規格。

 無線LANは、読んで字のごとく無線を使ったLAN(コンピュータ・ネットワーク)。普通のLANは、専用ケーブルを使って物理的にパソコンやサーバーを接続している。一方、無線LANはケーブルの代わりに無線を使って接続する。

 で、各メーカーが自由に技術を開発すると、他のメーカーの製品と接続できなくなってしまう。それに、電波というのは自由に使えるものではない。どの周波数を何のために使うかキッチリと管理されている。

 そこで、IEEEという団体が無線LANの標準規格を決めた。これが、IEEE802.11。 IEEE は「アイ・トリプルイー」と読む。IEEEは、アメリカの電気技術者と電子技術者が作っている協会で、ほかにもIEEE1394などいろいろな規格をまとめている。

 最初に決められたIEEE802.11は通信速度が2Mbpsだった。これは、LANの通信速度としてはかなり遅い。

 そこで、通信速度が最大11MbpsのIEEE802.11bという追加仕様が作られた。最近でこそ100MbpsのLAN(100BASE-TX)が一般化しているけど、少し前までは10Mbps(10BASE-T)が主流だった。そのため、11Mbpsという速度は十分に実用的といえた。しかし実際の通信速度は、この半分くらいといわれる。

 IEEE802.11bを使った製品としては、iBookに対応したAirMacなどがある。ウィンドウズパソコンに対応した無線LAN用の機器も多い。IEEE802.11bに対応した機器同士なら、メーカーが違っても相互接続できる。これを保証するため、Wi-Fiという認定制度も作られている。

 なお今は、より高速な IEEE802.11a(最大54Mbps)や IEEE802.11gという仕様に対応した機器もある。さらに、IEEE802.11nという超高速規格も作られている。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top