用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ICレコーダー】

  • アイシーレコーダー

 主に、インタビューや会議などの声を記録・再生するための小型機器。もちろん、音声メモや行動記録といった目的で自分の声を録音することもできる。音楽データの記録・再生に対応した機種も多い。

 従来、こういった目的には小型テープレコーダーを使うことが多かった。その後、録音に対応した携帯型 MDプレーヤーでも同様のことができるようになった。

 ICレコーダーは、これらの機器に代わるもので、内蔵したメモリー部品にデジタル方式で声や音を録音する。一部、メモリースティックやSDメモリーカードといったメモリーカードに記録するタイプもある。機種にもよるけど、ほとんどの ICレコーダーがテープレコーダーや MDプレーヤーより小型軽量で、電池の持ちもいい。

 録音した声や音は、その ICプレーヤー自体で再生できるほか、パソコンに移して保存・再生することもできる。パソコンとの接続方法は USB が多い。録音した音声データをパソコンに保存すればバックアップになるし、ICレコーダー(メモリーカード)内のデータを消して繰り返し録音することができる。

 録音時間は、機種によって異なる。また、録音する内容に応じて高音質モード、標準モード、長時間モードなど数種類の設定から選ぶことができる。そして、音質を高くすると録音できる時間が短くなり、音質を低くすると録音できる時間が長くなる。

 最近は、リニアPCM という非常に高音質な録音方法に対応した機種もある。

 なお、同じような方式で主に音楽を記録・再生する機器があって、これらはシリコンオーディオプレーヤーとかデジタルオーディオプレーヤーと呼ばれている。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top