用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ICカード乗車券】

 ICカードは、クレジットカード大のプラスチックのカードに ICチップ(集積回路)を埋め込み、データを記録したり簡単な計算などができるようにしたもの。銀行のキャッシュカードやクレジットカードも、今は ICカードのタイプが普及している。

 この ICカードを、電車やバスに乗るための乗車券として使っているものを総称して ICカード乗車券という。なお、ICカードには、読み取り機に通す接触型と、読み取り機にかざすだけでいい非接触型(非接触ICカード)があって、ICカード乗車券には非接触型が使われている。

 使うときは、ICカード乗車券に埋め込まれた ICチップに、あらかじめ一定額の金額データを記録しておく。そして、改札に入るとき、改札機の読み取り機にかざして入場駅を記録し、下車駅で改札を出るために読み取り機にかざしたとき ICチップから運賃が引かれる。カードによっては、入場の際に初乗り運賃が引かれることもある。

 ICカード乗車券を使うと、小銭を用意したり、切符を買う必要がないので便利。ただし、残金が少なくなったら補充(チャージ)する必要がある。一部のカードは、クレジットカードを提携して、残金が少なくなると自動的にチャージすることができる。

 当初は、鉄道運賃の支払いだけに使われていたけど、今はバスの運賃、自動販売機や駅中の売店でも使えるようになっている。また、駅周辺の一般のお店でも使えるケースが増えている。

 現在、主な ICカード乗車券として以下のような種類がある。

 Suica(スイカ):首都圏のJR線と私鉄・バス等
 PASMO(パスモ):首都圏の私鉄・バスとJR線
 ICOCA(イコカ):関西圏のJR線と私鉄・バス等
 PiTaPa(ピタパ):関西圏の私鉄・バスとJR線
 TOICA(トイカ):JR東海の東海エリア

 これらのカードは相互利用が進んでいて、実質的に Suica と PASMO はほとんど同じものとして利用できる。ICOCA と PiTaPa も同様だ。また、Suica は仙台エリア、ICOCA は岡山エリアでも利用できるほか、Suica 、ICOCA 、TOICA の相互利用も可能になっている。

 一方、地域の私鉄やモノレールなどに限定された ICカード乗車券も増えている。たとえば、東京・世田谷区を走る東急世田谷線でしか使えない「せたまる」という ICカード乗車券もある。

 こうした ICカード乗車券は今後ますます増える見込みで、2008年中に JR北海道の Kitaca(キタカ)が、2009年に JR九州の SUGOCA(スゴカ)が導入される予定。

 なお今は、カード型のICカード乗車券だけでなく、携帯電話にも同様の ICチップが埋め込まれているケースが多い。そして、携帯電話機を改札機にかざすと入場や運賃の支払いができる。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top