用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【HTML】

  • エイチティーエムエル

 HTMLは、HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、インターネットのウェブサイトを作るために使われている記号と約束事の集まり。ウェブサイトを作るためのプログラム言語の一種と思えばいい。

 最近は、電子メールでも HTML を使うことがある。これは、HTMLメールのページで。

 以前は「HTML は簡単なプログラム言語のようなもの」と説明されることが多かった。しかし最近は、機能が増えて複雑になっている。とはいっても、基本的な機能は比較的簡単に覚えられる。

 試しに、なるべくシンプルなホームページを開いて「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」を選んでみよう。HTML形式で保存して、そのファイルをワープロソフトかエディタで開くと、本文の前後に < > で囲んだ奇妙な記号がある。この記号をタグといって、文章や画像をホームページ上にどのように並べるか指定している。

 同じファイルをブラウザーで開くと、レイアウトされた状態になる。つまりホームページのデータは、ワープロソフトで本文やタグを手作業で書いても作ることができる。

 ちなみに、名前を付けて保存したファイルをブラウザーで見たとき画像が出ないのは、自分のパソコンの中に対応した画像が保存されていないため。画像も保存してあれば表示される。

 しかし、一般の人にとって、HTML を覚えたり書くのは面倒だ。そのため今は、ホームページ作成ソフトや HTML変換機能つきのワープロソフトが普及している。普通のワープロ文書と同じように文章や画像をレイアウトして、HTML形式で保存すると自動的に HTML文書に変換される。ただし、複雑なことをしようとしたり最新の機能を使おうとすると、HTMLの知識が必要になることもある。

 なお今は、より複雑な機能に対応できる XML という方式を使うケースも増えている。

 HTML は手軽に使える反面、定義が曖昧な部分がある。一方、XML は多機能でちょっと難しい。そのため今は、HTML を XML の仕様に合わせて再定義した XHTML も作られている。

Hの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top