用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【HDDムービー】

  • HDDカム
  • HDDビデオカメラ

 小型ハードディスクを内蔵し、そのハードディスクに映像を記録するビデオカメラ。静止画を撮影して記録することもできる。HDDカムと呼ぶことが多いけど、HDDビデオカメラ、HDDムービーと呼ばれることもある。HDDはハードディスクドライブの略。

 HDDカムは、小型ハードディスクを使っているため、他方式のビデオカメラより小振りなのが特徴だ。

 しかも最近は、大容量ハードディスクを内蔵する機種が登場して、ミニDVテープを使うDVカメラや、8cmDVDを使うDVDカムより長時間録画できるのがHDDカムの大きな特徴になっている。ハードディスクの容量と画質設定にもよるけど、10時間以上の録画も可能だ。

 映像の記録方式は、MPEG-2 を使っている機種が多い。録画の際に画質モードを選ぶことができる。画質を上げると、映像はきれいだけど録画できる時間が短くなる。画質を下げると、映像は荒れるけど録画できる時間が長くなる。用途に合わせて使い分けたいところ。

 HDDカムで撮影した映像は、パソコンに取り込んで保存するのが一般的だ。ハードディスクに MPEG形式で記録するので、パソコンとの相性はいい。パソコンに保存した映像は、パソコンの画面で見るだけでなく、記録型DVDに焼いたり、Webサイトで公開したりできる。

 なお、HDDカムの中には、内蔵ハードディスクではなくマイクロドライブなどのリムーバブルハードディスクに映像を記録する機種もある。この場合、記憶容量が内蔵型ほど大きくないけど、ディスクを差し替えれて使えるというメリットがある。

Hの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top