用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【HDCP】

 パソコンからディスプレイや液晶プロジェクターに、デジタル映像を送る際に使われているデジタル著作権技術(DRM)。High-bandwidth Digital Content Protection の略で、日本語にすると「高帯域デジタル・コンテンツ保護」といったところ。

 従来のテレビ放送(SDTV)をVHSテープに録画したり、テープからテープへダビングしたりすると画質が落ちた。そのため、私的な利用の範囲なら録画やダビングが認められていた。

 しかし、映像がデジタル化されると、コピーしても画質が落ちない。そのため、DVDやデジタル放送は映像が暗号化されていて、単純に映像データだけコピーしても再生できない仕組みになっている。

 しかし、パソコンから表示装置に映像信号が流れるときは、このコピーガードがかからない。無防備な状態になる。

 以前、主流だったVGA(ミニD-Sub15ピン)方式だと、流れるデータがアナログ形式だったので、やはりコピーしても画質が悪くなった。しかし、DVI や HDMI といったデジタル方式の接続方法だと画質が落ちない。そのため、この段階でコピーされるとマズイことになる。

 そこで、パソコンから映像を送り出す際にデータを暗号化して、ディスプレイやプロジェクター側で複合化する著作権保護技術が作られた。これが HDCP で、送信側と受信側の双方がこの技術に対応していないと映像が表示されない。

Hの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top