用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【GLR】

 GLR は、Gateway Location Register の略で、携帯電話の番号や端末識別番号などのユーザー情報を管理しているデータベースの一種。主に、別の通信サービス網を一時的に利用するローミングで使われている。

 固定電話の場合は接続される交換機が一定なので、そこにユーザー情報を記録しておけばいい。どの電話番号で、どのくらい通話があったといった情報も取れる。

 しかし携帯電話の場合、どこから掛けられるか分からないし、メールを届ける場合も端末(電話機)の場所が一定とは限らない。それでも正しい端末へ送らないといけない。そこで日本では、HLR というデータベースがユーザー情報の原簿となっていて、必要なときは常に HLR に問合せが行われるしくみになっている。

 しかし、別の通信サービスの加入者がローミングサービスを利用して回線を使う場合、HLR から直接、ユーザー情報を得ることができない。そこで、GLR から HLR に問い合わせてユーザー情報を取得し、一時的に記憶する。そして、この情報に基づいてサービスを提供する。

 なお、ヨーロッパを中心に普及している GSM方式では、HLR と端末の間に VLR というユーザー情報を一時的に保存するデータベースを置くしくみが採用されている。

Gの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top