用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【GIS】

  • 地理情報システム

 コンピュータ上で閲覧できる地図データと、いろいろな情報を組み合わせて便利に使うシステム。GIS は、Geographic Information System の略で、日本語では「地理情報システム」という。

 現在、地理情報システムというと、地図のデータと人口分布や顧客データなどを組み合わせ、商圏を調べたり出店計画に利用したりするものを指すことが多い。

 たとえば、ある店に来るお客さんの住所を地図ソフトの上に落としていけば、どのくらいのエリアからお客さんが来ているか視覚的に確認できる。チェーン店や運送会社では、配送ルートの計画にも使える。

 もともとの地理情報システムは、行政機関や公共性の高い事業を行っている大手企業が、地理の状況と人口密度、道路などの社会インフラの整備状況などを把握するために使うものだった。で、これを実現するには高価なコンピュータ・システムが必要だった。

 最近は、パソコンで使える地図ソフトなどが普及して、だんだん安くなり、一般企業でもビジネスの効率化に利用できるようになってきた。

Gの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top