用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【FUJICOLOR CD】

  • フジカラーCD

 自分で撮った写真(フィルム)をデジタル画像にして、CD-Rに記録してもらえるサービス。フジカラー系の写真店で申し込める。

 同時プリントと一緒に申し込む場合は、35ミリとASPのネガフィルム、レンズ付きフィルムが対応している。1枚のCDに最大でフィルム5本分を記録できる。現像済みのフィルムから記録する場合は、ポジ(スライド)フィルムでも大丈夫。コマ(写真)を指定して最大200枚まで記録できる(ASPカートリッジの場合は5本まで)。

 記録される画像は Exif となっているけど、これはJPEGとして認識されるので最近のパソコンならそのまま開ける。画像のサイズは、1536×1024ドットになる(35ミリフィルムの場合)。

 フジカラーCDを作ると、記録された写真(画像)をパソコンで見たり、写真を自動的に次々と表示させたり、修正したり、ポストカードを作ったりするソフトが付属する。というより、写真とソフトが一緒に入ったCDができてくる。また、インターネットを通じてフジカラーCDに記録された写真の印刷を申し込むネットサービスも利用できる。

 フジカラーCDを利用すれば、デジタルカメラやスキャナがなくても写真をパソコンに取り込んだり、ホームページに載せたり、電子メールで送ったり、自分で印刷したりできる。

 もちろん、プリントした写真や現像したフィルムをスキャナでパソコンに取り込んで、CD-Rなどに焼いても写真を記録することはできる。しかし、機器の値段と手間を考えるとフジカラーCDの方が手軽だと思う。

 なお、コダックは「ピクチャーCD」、コニカは「CD-R書き込みサービス」という名称で同じようなサービスを行っている。

Fの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top