用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【FOMAプラスエリア】

 NTTドコモが提供している携帯電話サービス(FOMA)のうち、800MHz 帯の電波を使って提供されている範囲(エリア)のこと。

 NTTドコモの FOMA は元々、2GHz帯の電波を使って提供されてきた。一方、800MHz帯は従来、mova(ムーバ)の通話サービスに利用されてきた。しかし、2005年春ころから FOMAプラスエリアとして FOMA の通信サービスに使われるようになった。

 800MHz 帯の電波はプラチナバンドとも呼ばれ、携帯電話にとって都合のいいことが多い。具体的には、遠くまで電波を飛ばすことができて、障害物の裏側にも回り込みやすい。そのため、ビルの陰や山間部でも通信できる。

 なお、現在のドコモの携帯電話機は 2GHz帯と 800MHz帯の両方に対応していて、必要に応じて自動的に電波を選んで接続する。そのため、ユーザーが自分で電波を切り替える必要はない。

Fの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top