用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【FM音源】

  • MIDI音源
  • PCM音源
  • 音源

 パソコンで音を出すための装置や仕組みを「音源」といって、FM音源、PCM音源、MIDI音源といった種類がある。

 最初に普及したのが、FM音源。これは専用の部品で音を合成する方式で、ゲームの効果音などに使われてきた。ただし今は、使用頻度が減っている。

 次に PCM音源。これは、音楽CD と同じ方法、つまりデジタル形式で録音(サンプリング)した音や声のデータを再生する方式。ウィンドウズやマックの起動音にも使われていて、今は PCM方式が主流になっている。

 今のパソコンは、ほとんどの機種が FM音源と PCM音源を標準で備えている。どちらか足りないとか機能を強化したいという場合は、サウンドボードという拡張ボードを取り付けるといい。サウンドボードには普通、FM音源の機能も PCM音源の機能も付いている。

 MIDI音源は、MIDIデータを再生するための専用の装置。普通はパソコンに付いていないので、必要なら自分で追加する。一般的にはパソコン本体に専用ケーブルで接続する外付けタイプが多いけど、パソコン内部に付ける拡張ボード型や、サウンドボードと組み合わせるタイプもある。

 ただし最近は、パソコンの性能が上がったため、ソフト・シンセサイザーなどのソフトだけで MIDIデータを再生できるようになっている。つまり、MIDI音源を付けなくても MIDI形式の音楽を聞ける。

Fの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top