用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【FEP】

  • フェップ
  • フロントエンド・プロセッサ

 かつて、パソコンの世界では、日本語入力ソフト(かな漢字変換機能)のことを一般にFEP(フェップ)と呼んでいた。今はIMEということが多くなって、FEPということはほとんどない。

 FEPは、Front End Processor(フロントエンド・プロセッサ)の略。この場合のフロントエンドは「前処理」という意味で、本来は、何かの前に割り込んで作業する機器やソフトを指す。

 ウィンドウズの前身のMS-DOSという基本ソフトでは、キーボードから入力した文字がワープロソフトなどに届く前に、日本語入力ソフトが割り込んで漢字などに変換していた。そのためFEPといえば、この日本語入力の仕組みを指していた。

Fの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top