用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【FAT32】

  • FAT
  • FAT16
  • ファット

 ウィンドウズパソコンで、ハードディスクやフロッピーディスクにファイル(データ)を保存するために使われてきた仕組みのひとつ。これをファイルシステムといって、どのファイルがどこに保存されているか一覧表のようにして管理している。ただし、その一覧表をユーザーが見ることはできない。

 FAT は、File Allocation Table(ファイル・アロケーション・テーブル)の略で「ファット」と読む。

 ウィンドウズ95 までは、FAT16 という方法が使われていた。16 は、16ビットという意味。後期のウィンドウズ95(OSR2)やウィンドウズ98 以降は、FAT32 という方法が使えるようになった。32 は、32ビットという意味。

 FAT32 の方が都合のいいことが多い。たとえば FAT16 だと、2GB以上のハードディスクはパーティションを切ってドライブを分けないといけないという制約があった。しかし FAT32 だと、最大 2048GB(2TB 相当)まで 1ドライブとして使える。

 また、FAT32 の方がハードディスクをきめ細かく管理できるので、容量をムダにしないといった特徴もある。このあたりは、クラスタのページで説明しているので興味があったら見てほしい。

 なお、ウィンドウズNT やウィンドウズ2000、そしてウィンドウズXP以降では、FATの代わりにNTFSという方式が使える。というより、むしろ NTFS が奨励されている。ただし一部のメモリーカードなどでは、今も FAT を使っているケースがある。

 マックは、HFSやHFS+という方法を使ってきた。

Fの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top