用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Ethernet】

  • イーサネット

 イーサネットは、パソコンなどのコンピュータを相互接続して LAN を組むときに広く使われている規格。コンピュータ同士を、どんな方法で接続するか、どんなケーブルを使うか、どんなルールでデータを送るか、といったことが決められている。

 イーサネットにはいろいろな種類があって、かつて最も普及していたのが 10BASE-T という方式。電話のモジュラージャックを一回り大きくしたような、プラスチックの接続端子が付いたケーブルを使う。そして通常は、コンピュータ同士を直接つなぐのではなく、ハブとう装置を介して接続する。

 このほか、10BASE-2 や 10BASE-5 という方式もあった。しかし、これらは接続が面倒なので順次、10BASE-T に代わっていった。

 その後、10BASE-T ではデータの転送速度が遅いということで、10BASEの 10倍の速度の 100BASE-TX という方式が普及し、今は 1000倍の速度の 1000BASE-T が一般化している。さらに、主要な通信拠点同士を結ぶために、1万倍の速度の 10GbE という規格も開発されている。

Eの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top