用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ESSID】

  • SSID

 ESSID は Extended Service Set IDentifier の略で、SSIDは Service Set IDentifier の略。どちらも無線LAN で使われている機能で、事実上、同じ機能を指している。ESS-ID と、ハイフンを入れることもある。

 たとえば企業では、同じフロアに何台も無線LAN のアクセスポイント(親機)を設置していることがある。このような場合、どのパソコンとどのパソコンは、どのアクセスポイントに接続するといった設定を行なうことができる。

 その設定に使う合い言葉のような機能を、ESSID または SSID という。アクセスポイントと、それに接続するパソコンに、同じ ESSID または SSID が設定されていないと通信できない。

 そのため、ESSID または SSID は無線LAN のセキュリティ機能のひとつのようにいわれることがあるけど、実際にはセキュリティ機能をはたさない。

 まず、同じアクセスポイントに接続するパソコンには、すべて同じ ESSID/SSID が設定されている。つまり、ESSID/SSID は、同じアクセスポイントに接続するための単なるグループ名のようなものだ。

 また、アクセスポイントは定期的に電波(ビーコン)を発信し、その中には ESSID/SSID の情報も含まれている。さらに、パソコン側の ESSID/SSID の設定が空白あるいは ANY になっていると、アクセスポイントが ESSID/SSID を教えてくれる。

 最近では、無線LAN のセキュリティに対する意識が高まってきたため、ビーコンの発信を止めたり、パソコン側が ANY でも ESSID/SSID を答えないように設定できるアクセスポイントが増えている。

Eの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top