用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【EM64T】

  • エクステンデッド・メモリ64テクノロジ

 エクステンデッド・メモリ64テクノロジ(Extended Memory 64 Technology)を略して、EM64Tということが多い。

 EM64T は、パソコン用 CPU の最大手、インテル社が開発してインテル製の高性能CPU ジーオンやペンティアム4などに搭載している技術のひとつ。

 現在主流のパソコン用 CPU は、32ビットという単位でデータを扱っている。インテルは、これをIA-32アーキテクチャと呼んでいる。

 一方、サーバー用の CPU であるアイテニアムでは64ビットという単位でデータを扱っている。こちらはIA-64アーキテクチャという。

 IA-32 と IA-64 には互換性がない。つまり、IA-32 のために作った命令を IA-64 で活かすことができない。そして、より高性能な IA-64 で32ビットの処理をするときはエミュレーションで動作するために処理速度が落ちてしまう。

 そこで、IA-32 に 64ビットの命令を付け加えて、32ビットの CPU でも64ビットの情報を扱えるようにする技術が作られた。これが、EM64Tである。これなら、既存の 32ビットの処理速度が落ちない。そして、64ビットのメリットとして、扱えるメモリーの容量は増大する。

 ただし、EM64Tに対応した CPU の性能を引き出すには、基本ソフトやアプリケーションソフト、デバイスドライバーなどが64ビットに対応していないといけない。基本ソフトは、ウィンドウズXP とウィンドウズサーバー2003 の64ビット対応版が出ているけど、アプリケーションソフトはまだまだ少ない。

 EM64T とよく似た技術に、AMD のAMD64 がある。

Eの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top