用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【EAP】

  • EAP-TLS
  • EAP-PEAP
  • EAP-TTLS

 EAP は Extensible Authentication Protocol の略で、コンピュータ・ネットワークにパソコンなどを接続する際に、ユーザー認証を行う技術のひとつ。有線LAN でも無線LAN でも利用できる。

 有線LAN でも無線LAN でも、基本的には誰でも(どのパソコンでも)接続さえすれば利用できる。しかし、それでは不正利用などのリスクが高いので、誰が利用しようとしているのか、あるいはどのパソコンを接続しようとしているのか、そういった確認(認証)が必要になっている。

 EAP は本来、こうした認証機能を追加するための技術だ。現在、LAN 接続の標準的な認証技術として利用されている IEEE802.1X も EAP を組み合わせて使うことが多い。

 なお実際には、暗号化技術と組み合わせたものや証明書を利用するもの、ID とパスワードを使って認証するものなど、複数の EAP が存在する。

 たとえば、EAP-TLS(EAP-Transport Layer Security)は、電子証明書を利用するタイプで、EAP-TTLS(EAP-Tunneled TLS)や PEAP(Protected EAP)は ID とパスワードを利用するタイプ。このほかに、EAP-MD5 や LEAP といった種類もある。

Eの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top