用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Dynamic Memory】

  • ダイナミックメモリー

 ウィンドウズサーバー2008 R2 の Hyper-V に追加された機能で、仮想パソコンのメモリー容量を状況に応じて変更する仕組み。

 Hyper-V は、サーバーの中に仮想的なパソコンを作る機能。そして、手元の簡素な機器(クライアントPCなど)で、その仮想パソコンを操作する。一般に、SBC方式と呼ばれるもののひとつだ。

 で、この機能を使うと、1台のサーバーの中に何台もの仮想パソコンがある状態が生まれる。そして、それぞれの仮想パソコンが必要とするメモリー容量が違うし、そのときどきの作業内容によっても変わる。

 そこで、それぞれの仮想パソコンが使える最小のメモリー容量と最大のメモリー容量を、あらかじめ決めておく。そして、仮想パソコンを立ち上げるときは最小容量で起動する。その後、より大きな容量が必要になったら自動的にメモリー容量の割り当てを増やす。

 ダイナミックメモリーの特徴のひとつは、必要なメモリー容量が減ったとき。メモリー管理機能を使って、メモリー容量の割り当てを減らし、回収した容量を別の仮想パソコンに割当てることができる。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top