用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DVI】

  • デジタルインターフェース

 デジタルインターフェースは、パソコンと液晶ディスプレイを接続する方式のひとつ。

 パソコンからCRTディスプレイに表示データを送るときは、パソコンの中でデジタル形式の画像をアナログ形式の電気信号に変換している。そして以前はCRTディスプレイばかりだったので、アナログの信号に対応したコネクターばっかりだった。

 そのため、液晶ディスプレイを接続するときも、このアナログ方式のコネクターに接続するのが一般的だった。しかし、液晶ディスプレイはデジタル方式で画面を表示するため、これはあまり具合が良くない。

 具体的にいうと、パソコンの中で画面データをデジタルからアナログに変換して送り出し、それを受け取った液晶ディスプレイがデジタルに戻している。これは、単に効率が悪いというだけでなくて、変換の過程で画質が少し落ちてしまう。

 そのため徐々に、デジタル形式のままの画像データを液晶ディスプレイへ送れるコネクターが普及してきた。このコネクターを、デジタルインターフェースと呼んでいる。従来のアナログ方式のコネクターとは形が違うので、アナログ方式だけに対応したディスプレイをつなぐことはできない。

 デジタルインターフェースには数種類の規格があって、今はDVI(Digital Visual Interface)という方式が主流になっている。で、このDVIにも、デジタルにもアナログにも対応するDVI-I、デジタルだけに対応するDVI-Dといった種類がある。

 最近の液晶ディスプレイとセット売りのパソコンは、デジタルインターフェースを採用しているものが多い。しかし、単体売りの液晶ディスプレイをデジタル方式で接続したいという場合は、パソコン本体に専用の拡張ボードを取り付けないといけないこともある。買う前に、よく確認しよう。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top