用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DVD】

  • ディーブイディー

 DVD(ディーブイディー)は、容量の大きなCDのようなもの。CD-ROM と同じ直径12センチの円盤にデジタル方式でデータを記録したメディア。ただし、データの記録密度など CD とは規格が違うので、かつての CD-ROMドライブで DVD を再生することはできない。一方、DVDドライブは CD-ROM の再生に対応している。

 CD は片面だけにデータを記録するのに対して、DVD は両面にデータを記録できるものもある。さらに、片面に 2層のデータ記録層を持つことも可能。つまり、最大で 4面に記録できる。で、片面1層の記憶容量が 4.7GB、片面2層なら 8.5GB、両面1層なら 9.4GB、両面2層なら 17GBという容量を実現している。

 開発当初、DVD は「デジタル・ビデオ・ディスク」の略とされていた。しかし、ビデオ映像の記録以外にもいろいろな使い方があるので、今は「デジタル・バーサタイル・ディスク」の略とされている。バーサタイル(versatile)は「多才な」とか「用途が多い」といった意味。また、DVD は DVD であって何の略でもない、としていることもある。

 まず最初の DVD として、1996年末に DVDビデオが登場した。これは、DVD に映画やアニメなどを録画したもので、テレビにつないだ DVDプレーヤーで再生する、いわゆる DVD だ。DVDドライブ付きのパソコンなら、再生ソフトを使って DVDビデオを見ることも可能。

 次に、パソコン用の DVD として DVD-ROM がある。DVD にパソコンのソフトやデータを記録したもので、大容量の CD-ROM といった位置づけだった。

 このほか、書き込み型DVD も普及している。具体的には DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DVD+R、DVD+RWがある。一時は、これらの規格が乱立して混乱した時期もある。その後、これを解決するためにDVDマルチという規格が作られた。また、すべての規格に対応するドライブも登場している。

 パソコン関係だけでなく、カーナビの地図データを記録するメディアとしても DVD の利用が増えている。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top