用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DVD-RW】

  • ディーブイディー・アールダブリュー

 データの書き込みや書き換えができるDVD。記憶容量は4.7GB。いわば、大容量のCD-RWにあたる。DVD-RWにデータを記録することを「焼く」ともいう。

 一般にDVDというと、映画やアニメを記録したDVDビデオや、パソコン用のデータを記録したDVD-ROMを指すことが多い。しかし最近は、自分でデータを記録できる書き込み型DVDも普及している。

 DVD-RWは、この書き込み型DVDのひとつ。ほかに、一度だけデータの書き込みが可能なDVD-RやDVD+R、データの書き換えも可能なDVD-RAMやDVD+RWがある。

 DVD-RWにデータを記録するには、DVD-RWに対応したドライブ(読み書き装置)が必要だ。今は、DVD-Rと兼用のDVD-R/RWドライブが普及している。DVD-R/RWドライブで、DVD-ROMの読み出しやCD-R/RWの読み書きもできる。

 DVD-RWに記録したデータは、テレビにつなぐDVDプレーヤーやパソコンに内蔵されたDVD-ROMドライブでも読める可能性が高い。一方で、データの書き込にライティングソフトを使う必要がある、フォーマット(初期化)や書き込みに時間がかかるといったマイナス点もある(最近は、フォーマット時間を短くしたドライブもある)。

 また、通常の記録方法ではデータの書き換えはできない。データを書き換えるときは、メディア(ディスク)をフォーマットし直して新たなデータを書き込むことになる。書き換え可能な回数は約1000回とされている。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top