用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DVD-R】

  • ディーブイディー・アール

 一度だけデータの書き込みができるDVD。記録方式によっては追記もできる。記憶容量は4.7GB。いわば、大容量のCD-Rにあたる。DVD-Rにデータを記録することを「焼く」ともいう。

 一般にDVDというと、映画やアニメを記録したDVDビデオや、パソコン用のデータを記録したDVD-ROMを指すことが多い。しかし最近は、自分でデータを記録できる書き込み型DVDも普及している。

 DVD-Rは、この書き込み型DVDのひとつ。ほかに、やはり一度だけ書き込みが可能なDVD+R、データの書き換えも可能なDVD-RAM、DVD-RW、DVD+RWがある。また、片面に2層の記録層を持ち、記憶容量が8.5GBにアップした DVD-R DL もある。

 DVD-R の具体的な利用法としては、まず自分で撮影したビデオ映像などを記録して自家製DVDビデオを作ることができる。この場合は、オーサリングソフトを使う。あるいは、パソコンのデータを保存して自家製DVD-ROMを作ることができる。この場合は、ライティングソフトを使う。

 DVD-Rにデータを記録するには、DVD-Rに対応したドライブ(読み書き装置)が必要だ。しかし今は、DVD-R専用のドライブはほとんど売られていない。DVD-RAMと兼用のDVD-RAM/Rドライブや、DVD-RWと兼用のDVD-R/RWドライブを使うことになる。さらに多くのDVDに対応したドライブも登場している。

 DVD-Rに記録したデータは、パソコンに内蔵されたDVD-ROMドライブやテレビに接続して使うDVDプレーヤーなど、多くの機器で再生できる確率が高い。

 一方、マイナス点として、DVDビデオ形式で記録すると容量が余っていてもデータの追記ができないとか、DVD-ROM形式で少量のデータを記録するとムダなデータが書き込まれるといったことがある。そのため、まとまった量のデータを保存するために使うといい。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top