用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DVDマルチ】

 別のページで説明しているように、データの書き込みができるDVD(書き込み型DVD)にはDVD-R、DVD-RAM、DVD-RW、DVD+R、DVD+RWの5種類がある。

 それぞれ、メリットとデメリットがあり、どの方式に対応したドライブ(読み書き装置)を買えばいいのか迷う。また、ほかの人や別の機器とデータを交換するとき、メディア(ディスク)が読めたり読めなかったりという不具合も生じる。

 これを解決する方法として、1台のドライブでDVD-R、DVD-RAM、DVD-RWの3方式に対応する規格が作られている。そして、この規格をDVDマルチという。

 なお、DVDマルチが対応するDVD-R、DVD-RAM、DVD-RWは、いずれもDVDフォーラムという組織によって承認された国際規格だ。一方、DVD+RとDVD+RWは、DVDアライアンスという別の組織が作った規格。そのため、今のところDVDマルチには盛り込まれていない。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top