用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DVD+R DL】

  • DVD+Rダブルレイヤー
  • 片面2層DVD+R DL

 片面に2層の記録層がある DVD+R。DVD+R DL のDL はDouble Layer(ダブルレイヤー)の略で「2層」という意味。

 従来のDVD+R の記録層は1層だけだった。これに対して、DVD+R DL は片面で2層を実現している。

 そのため、記憶容量も片面で 8.5GB と大容量化している。従来の1層の DVD+R は 4.7GB。単純に2倍にならないのは、書き込みエラーに対する余裕を見ているため。大容量化に伴って、テレビ番組などを記録する際もディスクを裏返さずに長時間の録画ができる。

 1層目にデータを読み書きする際と、2層目にデータを読み書きする際では、レーザー光線の焦点距離を変えている。そのため、DVD+R DL に対応したドライブでないと読み書きできない。もちろん、ディスクも DVD+R DL に対応したものでないといけない。

 他にも片面2層の DVD として、DVD-R for DL がある。また最近では、書き換えが可能な片面2層DVD-RW も登場している。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top