用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DTP】

 パソコンなどのコンピュータを使って印刷物を作ること。正確には、印刷物の元データを作る。DTPは、DeskTop Publishing(デスクトップ・パブリッシング)の略で「机の上での出版」といった意味。

 現在、パンフレットや雑誌などのデザイン作業は、ほぼすべて DTP で制作されている。DTPは本来、プロのデザイナーの仕事だ。そしてこの分野では、かつて圧倒的にマッキントッシュが使われていた。しかし今は、ウィンドウズでもDTPができる状況が整っている。

 DTPソフトを使えば、ワープロソフトでは対応しきれない細かなレイアウト指定が可能だ。レーザープリンタなどで印刷すれば、それなりのチラシなどを一般の会社や家庭でも作ることもできる。

 ただしプロ用の DTPソフトは高価で操作も難しい。かつては一般向けの簡易DTPソフトもあったものの、ワープロソフトの高機能化に伴って淘汰された感がある。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top