用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DTLS】

 DTLS は Datagram Transport Layer Security(データグラム・トランスポート・レイヤー・セキュリティー)の略で、インターネット上で安全にデータを送受信するための技術のひとつ。

 インターネット上で交換される情報は通常、細かく分割された状態で送受信されている。この分割されたデータをパケットという。パケット化されたデータは、受信先で再構築されて元の情報に戻る。

 しかし途中で一部のパケットが行方不明になると完全な情報を復元できない。そのため、データの順番を確認したり、足りないパケットがあると送信元へ再送信するよう要求する機能が用意されている。

 一方、中には多少順番が入れ替わったり足りないデータがあってもいい、正確性より送受信の速さやリアルタイム性が優先される通信もある。たとえば、音声や映像の配信、あるいは IP電話のような通話サービスがそうだ。

 そのため、実質的にはパケットと同じものだけど、信頼性より転送速度を優先した分割データをデータグラムと呼んでいる。データグラムは、着信確認などの機能が省かれている。

 次に、インターネット上で安全に個人情報やクレジットカード番号などを送受信するために、TLS ( Transport Layer Security=トランスポート・レイヤー・セキュリティー)と呼ばれる技術がある。これは元々、SSL と呼ばれていたもの。

 しかし TLS(SSL)は、信頼性が確保されたパケットを対象にした技術で、データグラムに対しては使うことができない。そのため、TLS の仕組みを一部変更して、データグラムでも実質的に TLS と同じような安全性を確保できるようにした技術がつくられた。これを、DTLS という。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top