用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DSTN】

 ノートパソコンなどに使われていた液晶画面の種類を表す言葉。もともと、STN という方式だったものが進化して DSTN になった。もうひとつ、TFT という方式がある。

 DSTN と TFT では、画質と値段が違った。もちろん画面を表示する方法というか仕組みが違うんだけど、その結果として画質などの差が生まれている。一般的な感覚でいえば、TFTは画質はいいけど値段が高く、DSTNだと画質はイマイチだけど値段が安かった。

 その後、DSTN も工夫されて、だんだん画質が良くなっていった。その成果として、たとえばHPA液晶といったものが登場している。しかし、やはり TFT の方がクオリティは高かった。そのため、DSTN方式の液晶ディスプレイを使うパソコンは減り、最終的にほとんどの機種がTFT方式になった。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top