用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DNSキャッシュ】

 DNS はドメインネームシステムの略で、インターネットに接続されているコンピュータの住所を参照するしくみ。インターネット上の住所を表す IPアドレス(IPv4)は、ドット(.)で区切られた 4つの数字で示されている。これは、コンピュータには好都合だけど人間には覚えにくい。

 そこで人間は通常、「www.******.co.jp」といった感じのドメイン名でコンピュータ(サーバー)を指定する。そして、そのたびにドメイン名と IPアドレスを照合する仕組みになっている。これを DNS といって、そのための専用コンピュータを DNSサーバーという。

 つまりウェブサイトを開くときは、DNSサーバーに「www.******.co.jp の IPアドレスは何番ですか?」と問合せている。この作業を分担して実行するため、インターネット上には多くの DNSサーバーが置かれている。

 しかし毎回、DNSサーバーに問い合わせるのは煩雑だし、問い合わせが集中すると応答に時間がかかる。そこで、一度問い合わせがあった内容と結果をしばらく保存しておいて、同じ問い合わせがあったらこの一時保管情報を返す仕組みが使われている。

 そのための DNSサーバーをキャッシュDNSサーバーといって、その中に一時保管されている情報を DNSキャッシュという。また、ウィンドウズなどのパソコン用OS(基本ソフト)にも DNS情報を一時保管する機能があって、これも DNSキャッシュといっている。

 なお、ドメイン名や IPアドレスは変更されることもあるので、時間が経つと実際の情報と DNSキャッシュの内容が合わなくなる可能性がある。そのため、一定時間が経過すると自動的にキャッシュが削除される。この時間を TTL(Time to Live)という。

 一方、キャッシュDNSサーバーに情報がない場合は、本来の DNSサーバーに IPアドレスを問い合わせる。この、本来の DNSサーバーを権威DNSサーバーという。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top