用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DHCP】

 コンピュータ・ネットワーク(LANなど)に、新たにパソコンや機器を接続するとき便利な機能。Dynamic Host Configuration Protocolの略。

 従来、これはシステム管理者が扱う機能だった。しかし最近は、ダイヤルアップルーターやブロードバンドルーターの普及で一般のパソコンユーザーがお世話になる機会も増えている。

 TCP/IPという方式を使ったコンピュータ・ネットワークでは、接続されたパソコンや機器にIPアドレスという識別番号を振る必要がある。他にも設定すべき項目があって、新たな機器をネットワークに接続するのは、けっこう大変な作業だ。

 しかしDHCPという技術を使うと、こうした設定が自動的に行われる。ただしそのためには、あらかじめDHCPサーバーと呼ばれるコンピュータ(あるいはソフト)に必要な情報を登録しておく必要がある。この作業は、コンピュータ・ネットワークの知識がないと難しかった。

 ところが、最近のダイヤルアップルーターやブロードバンドルーターには最初からDHCP機能が組み込まれている。また、CATV(ケーブルテレビ)経由でインターネット接続するとき使うケーブルモデムにDHCP機能が付いていることもある。

 こうしたケースでは、特に複雑な設定をしなくてもDHCPの機能を利用できる。ただし、複数のルーターを接続するような場合は、1台だけDHCP機能を有効にして、他は無効にする必要がある。

 なお、一般の電話回線(アナログ回線)やISDNを通じてパソコンをインターネットに接続するとき、普通は「IPアドレスを自動的に取得する」という設定になっている。この場合も、プロバイダー側のサーバーにDHCPが設定してあって、接続のたびに必要な設定を割り振ってもらっている。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top