用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DDR266】

  • DDR200
  • DDR333
  • DDR400
  • PC1600
  • PC2100
  • PC2700
  • PC3200

 パソコンのメモリー部品として使われていた、DDR SDRAM の種類(性能)を表す記号。DDR200 = PC1600、DDR266 = PC2100、DDR333 = PC2700、DDR400 = PC3200 で、それぞれ言い方が違うだけで同じもの。

 DDR SDRAM の前は、SDRAM という部品が主にパソコンのメモリーとして使われていた。当時は、CPU やチップセットという部品とメモリーがデータをやり取りするテンポで性能を表していた。このテンポをベースクロックといって、たとえばベースクロック 100MHz に対応する SDRAM は PC100 と呼ばれていた。

 DDR SDRAM は、同じベースクロックで SDRAM の 2倍の回数、データのやり取りができる。そのため、ベースクロック 100MHz に対応した DDR SDRAM を DDR200 と呼ぶ。では、なぜ PC1600 とも呼ぶのか。これは、1秒間にやり取りできるデータ量から来ている。

 まず、ベースクロック 100MHz ということは、1秒間に100メガ回のタイミング(テンポ)を取っているということ。メガ(M)は100万という意味なので、100メガは1億になる。DDR SDRAM は、この2倍なので1秒間に200メガ回(2億回)、データのやり取りができる。

 一方、SDRAM も DDR SDRAM も、1回のデータ交換で64ビットのデータをやり取りできる。8ビット=1バイトなので、1回で8バイト(B)と言い換えることができる。そして、200M×8Bで、1秒間に最大 1600MB(メガバイト)のデータを交換できることになる。もう一度、整理して書くと以下のとおり。

  100MHz × 2倍 × 8B(バイト) = 1600MB/秒(=1.6GB/秒)

 PC1600 は、この数字をとったものだ。同様に計算すると、DDR266 はベースクロック133MHz で 2128MB/秒になるため、四捨五入してPC2100 という。DDR333 は、ベースクロック166MHz で 2664MB/秒なので PC2700と呼ばれる。DDR400 は、ベースクロック200MHz で 3600MB/秒なので PC3200 と呼ばれる。

 このほか、RDRAM というメモリー部品は、PC800 や PC1066 といったかたちで性能を表している。数字が大きい方が高性能と思いがちだけど、そんなに単純ではない。詳しくは、PC800 のページで。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top