用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【D端子】

 テレビと、デジタル放送のチューナーなどの AV家電を接続するためのコネクター。EIAJ(日本電子機械工業会)という団体が規格化した。1本のケーブルで、映像の送信ができる。音声は別途、ケーブルを接続する必要がある。

 D端子は、D1 から D5 まで 5種類あって、それぞれ対応する信号に違いがある。各端子の対応状況は以下のとおり。なお、種類が違っても端子の形状は同じだ。

  D1=480i
  D2=480i / 480p
  D3=480i / 480p / 1080i
  D4=480i / 480p / 1080i /720p
  D5=480i / 480p / 1080i /720p / 1080p

 480、720、1080 という数字は、走査線の数を表している。つまり、縦方向に何本の線があるかということだ。ここで示した走査線数は、有効走査線と呼ばれるもので、画面表示に使われる本数を表している。実際に送受信される走査線の数は、480 が 525本、720 が 750本、1080 が 1125本である。

 当然、走査線の数が多いほど精細な表示ができる。このうち、720 と 1080 をハイビジョンと呼び、特に 1080 をフルハイビジョンと呼ぶ。つまり、ハイビジョン放送をハイビジョンの画質で楽しむためには、D3 以上の端子が必要になる。

 数字の後の i はインターレース方式を表している。p はプログレッシブ方式を表している。どちらの方式も、別のページで解説しているけど、簡単にいうとインターレース方式は奇数列と偶数列を交互に描画する方式で、プログレッシブ方式は上から順に描画する方式だ。

 なお、 D端子の D はデジタルの略ではなく、端子を縦にして見ると D のかたちをしているため、この呼び名が付いたという。D端子を流れる信号は、アナログ形式である。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top