用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CnQ】

  • Cool'n'Quietテクノロジー
  • クールンクワイエット・テクノロジー

 AMD の CPU に組み込まれている省電力機能のひとつ。現在、デスクトップパソコン向けCPU のアスロン64やアスロン64 X2 、アスロン64 FX、ソケット754対応で動作周波数1.8GHz以上のセンプロンが対応している。

 当初、アスロンXP に搭載されたCool'n'Quietテクノロジーは、CPU の負担が少ないとき自動的に動作周波数を下げて発熱を抑える技術だった。発熱が少ないと、冷却ファンや換気ファンを減らしたり小型化したりできるので、音も静かになる。

 Cool'n'Quiet(クールンクワイエット)は、Cool and Quiet の略で「発熱が少なく音が静か」という意味だ。Cool'n'Quiet をさらに省略して CnQ と書くこともある。

 その後、アスロン64に搭載された Cool'n'Quietテクノロジーは、動作周波数だけでなく電圧も自動的に下げる技術に進化した。これによって、さらに発熱を抑えることができるようになった。

 なお、Cool'n'Quietテクノロジーを使うには、パソコンに内蔵されている BIOS が対応している必要がある。その上で、AMD社のサイトからドライバーソフトをダウンロードしてインストールする。さらに、ウィンドウズの電源管理の画面を開いて「電源設定」の項目を「最小の電源管理」に設定する。

 Cool'n'Quietテクノロジーと同じような省電力機能として、ノートパソコン向けCPU の PowerNow!テクノロジーがある。また、インテル社のスピードステップも同様の省電力技術である。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top