用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Celeron】

  • セレロン

 パソコン用CPU の最大手、インテル社の CPU の名称。このほかのインテル製CPU に関しては、インテルのページから参照してほしい。

 簡単にいうとセレロン(Celeron)は、その時代に主流だった CPU の廉価版だ。上位の CPU から少し性能を落として値段を安くしている。そのためセレロンは、比較的低価格なパソコンに使われてきた。といっても、一般的な使い方には十分な性能がある。

 また、上位の CPU が進化するにしたがって、セレロンの性能も上がってきている。たとえば、初期のセレロンはベースクロックが 66MHz に固定されていた。しかしその後、100MHz にアップし、今はもっと上がっている。

 なお、前述のようにセレロンは、性能が上がっても名前は変らなかった。しかし、2004年1月に、[セレロンM]というノートパソコン向け CPU が登場した。2004年6月には、デスクトップパソコン向けの新しいセレロンとして、[セレロンD]が登場した。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top