用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CV】

  • コンバージョン

 インターネットの世界でコンバージョンというと、ウェブサイト上で商品やサービスの販売、会員登録、資料請求など、何らかの成果が生まれること。インターネット用語として使うときは、CV と略すこともある。

 コンバージョン(conversion)の本来の意味は、ものごとを「転換」する、お金などを「換金」する、建物などを「改装」するといったところ。

 現在、インターネットのウェブサイトでは、情報の発信だけでなく、さまざまなビジネスが行われている。実際に商品を売ったり、サービスを提供したり。あるいは、会員登録やメルマガ登録してもらうことも、ひとつの成果といえる。

 こうした結果を出すには、サイト訪問者に商品やサービスの内容を理解してもらい、気に入っていただかないといけない。その上で、申し込み手続きや個人情報の提供をしてもらうことになる。こうした何らかの成果を、コンバージョンという。

 そして、初回の訪問で申し込みなどが成立した場合を直接コンバージョン、2回目以降の訪問で成立した場合を間接コンバージョンという。また、訪問者のうち何人が申し込みをしたか、その成約率をコンバージョン率という。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top