用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CSMA/CD】

 イーサネットを使ったネットワークで、通信の衝突を防ぐ技術。Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection (キャリア・センス・マルチプル・アクセス・ウィズ・コリジョン・ディテクション)の略で、Collision(コリジョン)が「衝突」を意味する。

 イーサネットは、会社や学校などで広く使われている最も一般的なコンピュータ・ネットワークの方式。LAN と呼ばれるものは現在、ほとんどイーサネットの技術で接続されていると思っていい。

 で、イーサネット方式のネットワークでは、サーバーや別のパソコンと通信(データ交換)ができるわけだけど、同時に通信できるのは一組だけ。そして、その使用権は基本的に早い者勝ちだ。

 つまり、ほかに誰も通信していないときは、すぐに通信できる。だけど、ほかのパソコンが通信しているときは、それが終わるのを待たないといけない。そして、他者の通信が終わったら自分の通信を始める。このしくみを実現しているのが、CSMA/CD だ。

 まず、ネットワーク上を他者のデータが流れているか確認する。これが、最初の CS (キャリア検知)。データが流れていなければ、ネットワーク上のすべての機器に対して通信開始のメッセージを送る。これが、MA(多重アクセス)。通信を受ける側は、それが自分宛なら通信を受け付ける。自分宛でなければ無視する。

 他者が通信中だったら、ランダムな時間待ってから、もう一度、通信を試みる。もし、一定時間待ってから再通信を試みる方式だと、同じように通信の順番を待っている機器があった場合、またぶつかる可能性が高い。だから、待ち時間を不統一にするよう工夫されている。

 なお、同じような方法で無線LAN の混信を防ぐ CSMA/CA という技術がある。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top