用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CPRM】

 書き込み型DVDに、1回だけ録画可能なテレビ番組を記録するときに使われている著作権保護技術。Content Protection for Recordable Media(コンテント・プロテクション・フォー・レコーダブル・メディア)の略。

 詳しくは、コピーワンスの説明を見てほしいのだけど、最近のデジタル放送は1回しか録画できない、つまりダビングできない方式が増えている。そして、書き込み型DVD に番組を記録する場合は、CPRM に対応した DVD と DVDレコーダー(HDD&DVDレコーダー)を使わないといけない。

 CPRM に対応した DVD は、あらかじめ一枚一枚に固有のメディアID と MKB(Media Key Block)というデータが記録されている。そして、これらのデータを使って番組を暗号化して録画する。暗号化するということは、そのままでは再生できないデータに変換するということだ。

 そして、暗号化された番組を元に戻すには、暗号化のときに使ったメディアID を使う。仮に、書き込み型DVD を別の DVD に丸々コピーしたとしても、メディアID はコピーされない。コピー元のメディアとコピー先のメディアには違うメディアID が記録されている。そのため、コピーした DVD では番組が元に戻らない。つまり、番組を見ることができない。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top