用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【COO】

  • シーオーオー
  • 最高執行責任者

 COO は、Chief Operating Officer の略で、日本語では「最高執行責任者」と訳されている。

 日本では、会社経営の責任者といえば普通は社長だけど、アメリカではそうとは限らない。CEO と呼ばれる人がトップになってることが多い。CEOは会社経営の全般を担当する。大企業のトップとなると、株主対策とか、業界内外のおつきあいとか、その企業の顔としてやらなければいけないことがたくさんある。

 これに対して COO は、その会社の実務、メイン業務の総責任者になる。イメージ的には、日本の中堅企業の社長に近いかもしれない。実際、外資系企業でも、会長兼CEO、社長兼COO といった役割分担になってるケースが少なくない。

 CEO も COO も、パソコン用語というわけではない。しかしコンピュータ関連の企業では、CEO や COO という肩書きを使っていることが多い。なお、アルファベット3文字で肩書きを表す略語として他に、CIO、CFO、CTO などがある。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top