用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CMOSセンサー】

  • CMOSイメージセンサー

 まず、CMOS は半導体の種類を表す言葉。別のページで説明しているので興味があったら見てほしい。

 CMOSイメージセンサー、あるいはCMOSセンサーは、デジタルカメラで画像を記録するために使われている部品。現在、多くのデジタルカメラが、撮影画像を得るために CCD と呼ばれる部品を使っている。しかし、一部の機種は CMOSセンサーを使っている。

 CCD と CMOSセンサーの違いは、画像を電気信号として読み出すときの方式の違いだ。CCD は、電気信号を順繰りに送り出すような方式になっている。一方、CMOSセンサーはCMOS型の半導体を使って読み出して いる。

 CCD と CMOSセンサーを比べると、CMOSセンサーの方が消費電力も生産コストも少なくできる。その反面、ノイズと呼ばれる画像の乱れが出やすい。そのため CMOSセンサーは、主に値段の安いオモチャ感覚のデジタルカメラに使われている。

 しかし最近は、画像ノイズを抑える技術が進んで、逆に一眼レフタイプの高級デジタルカメラに使われている例もある。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top