用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CLV】

  • 線速度一定

 ディスクからデータを読み出したり書き込んだりするとき、内側と外側で回転速度を変える方式。

 フロッピーディスク、ハードディスク、CD-ROM、DVD、MOなど、パソコンのデータは、ほとんどがディスク(円盤)に記録されている。これを読みだすとき、ディスクの回転速度を変えるのがCLV方式。Constant Liner Velocity の略で、日本語で「線速度一定」ということもある。

 手近にあるディスク(CD-ROMや音楽CD)を見てほしい。回転速度が一定だと、内側のデータを読み出すときも外周のデータを読み出すときも、ディスクが一回りする時間は変わらない。しかし、外周の方が明らかに距離が長い。

 内側も外側も同じ密度でデータを記録すると、外側の方がたくさんデータが記録される。そのため、常に同じ量のデータを読み出すには、内側では速く、外側では遅く回転させる必要がある。

 一方、内側はデータの密度を高く、外側はまばらにして、常に一定の速度で回転させる方式もある。これは、CAVという。CAVだと、外側がまばらになる分、保存できるデータ量が少ない。しかし、読み書き装置(ドライブ)を単純にできる。

 今のCD-ROMドライブは、それぞれのメリット・デメリットを補うために、基本的にはCAVだけど回転速度を数段階に切り替えたり、CAVとCLVを切り替えたりしている機種が多い。そのため、読み出し速度が「平均○倍速」とか「最大○倍速」といった表記になっている。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top