用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CLI】

 CLI には、2つの意味がある。Command Line Interface(コマンド・ライン・インターフェース)と Common Language Interface(コモン・ランゲージ・インターフェース)だ。

 まず、Command Line Interface だけど、これは CUI に近い。

 現在のパソコンは、画面上のアイコンやボタンをクリックしたり、メニューから選ぶだけで多くの操作ができる。これを、GUI(グラフィカル・ユーザーインターフェース)という。しかし以前は、キーボードからコマンドと呼ばれる略語のような命令を打ち込んでパソコンを操作していた。これが、CUI(キャラクター・ユーザーインターフェース)だ。

 同様に、キーボードからコマンドと呼ばれる命令語を打ち込んでパソコンを操作することを、Command Line Interface ともいう。

 ただし実際には、Command Line Interface といった場合、ルーターなどの通信機器、業務用コンピュータ、マイクロプロセッサー内蔵の小型情報機器などに対する操作を指すケースが多い。パソコン操作に対しては、CUI の方が一般的だろう。

 次に、Common Language Interface 。これは、1つのプログラムを、さまざまな基本ソフトの上で実行させるための仕組み。

 通常、アプリケーションソフトは、ウィンドウズ版、マック版、ユニックス版などに分かれていて、別の基本ソフトの上では動かない。しかし、これでは不便なので、基本ソフトに中間的なプログラムを追加することで、どんな基本ソフトの上でも同じアプリケーションが動く仕組みが考案された。

 その代表が、Java であり、Java で作ったプログラムを動かすために追加するプログラムが JavaVM である。

 Common Language Interface も同様に、基本ソフトの種類に関係なくアプリケーションを動かすための仕組みと考えてほしい。特に、マイクロソフトの Microsoft.NET に対応したアプリケーションを動かす仕組みとして採用され注目されている。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top