用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CISC】

  • シスク

 CISC は、Complex Instruction Set Computer の略で、日本語で「復号命令セットコンピュータ」と呼ばれることもある。

 コンピュータの中には、必ず CPU と呼ばれるメインの部品が入っている。パソコンやワークステーションといった小型コンピュータだと通常はひとつだけど、サーバークラスになると複数の CPU を搭載している機種が多い。

 そして、この CPU が実際に計算したり、判断したり、命令を出したりしている。ではどうやって、こういった演算処理をするのか。それには、いくつかの方法があって、そのひとつが CISC(シスク)方式と呼ばれるもの。

 CPU に命令を出すとき、たくさんの種類の命令に対応できるようにして、複雑な処理でも一回で実行できるようにする方法と、単純な命令を高速で繰り返すことで処理能力を上げる方法がある。

 CISC は前者の、高度な命令に対応させる方式。ただ、そのため CPU の内部構造が複雑になってしまう。高性能になればなるほど複雑になるので、高速化に向かないとも言われてきた。

 そのため最近では、単純化した命令を繰り返す RISC と呼ばれる技術も取り入れられて、両方の要素を持った CPU が増えている。

 CISC 方式の代表的な CPU として、インテル社の x86 シリーズがある。x86 とは、ペンティアムシリーズ、セレロン、最近のコアデュオ、コア2デュオなどのこと。パソコン用CPU の大部分が該当する。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top