用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CDN】

  • コンテンツ・デリバリー・ネットワーク

 映像など容量の大きな情報をインターネットで提供するとき、効率よく配信するためのしくみ。コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(Contents Delivery Network)を略して、CDN と書くことが多い。

 たとえばアメリカで大きなニュースがあって、その情報を配信するウェブサーバーに世界中からアクセスが殺到したとしよう。こんなとき、どんなに高性能なサーバーと太い回線を持っていても、対応しきれなくなることが予想できる。ましてや、提供するのが映像など容量の大きなコンテンツだったらなおさらだ。

 こうした事態の解決策として有効なのが CDN 。上記の例では、アメリカだけでなく、南米、ヨーロッパ、日本など世界各地に同じコンテンツをコピーしたサーバーを配置しておいて、日本からアクセスがあったら日本のサーバーからコンテンツを提供すればいい。

 これによって大元のサーバーがパンクしないだけでなく、世界規模で見てインターネット上を流れるトラフィックの抑制、通信品質の維持などが可能になる。

 単にこうしたしくみだけでなく、コンテンツを最適に分散配置する技術、アクセスしてきた人を最適なサーバーへ誘導する技術などを含めて CDN を語られることが多い。

 なお、アクセス数の多い企業や事業者に、CDN を提供するビジネスもある。これを、CDS(コンテンツ・デリバリー・サービス)という。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top