用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CD-ROMドライブ】

 CD-ROM に記録されているデータを読み出す装置。以前は多くのパソコンに内蔵されていた。最近は、DVDやブルーレイ・ディスクに対応した光学ドライブを内蔵したパソコンが多い。

 これらのドライブ(読み書き装置)で、気になるのが○倍速という表記。たとえば CD-ROMドライブだと、たいてい 24倍速とか 32倍速と書いてあった。これは、CD-ROM に記録されている情報を読み出す速度を表している。当然、数字が大きいほど読み出しが速くて高性能になる。

 では、何を基準にしているかというと、音楽CD の読み出し速度(約150KB/秒)だ。初期の CD-ROMドライブは、音楽CDプレーヤーと同じ等倍速か、せいぜい 2倍速だった。ところがこれだと、とても遅い。画像が表示されるまでイライラしながら待たなくてはいけなかった。あるいは、音楽データの読み出しが間に合わなくて音飛びしたりした。

 そこで 4倍速とか、6倍速というように、だんだん読み出し速度が上がってきた。基本的には、CD-ROM に記録された情報を読み出すだけの機器だから、ライバル製品と性能差を出しにくい。そのため過激ともいえる速度競争が展開されて、最終的には 50倍速を超えた。

 ただし、たとえば 32倍速といっても、常に 32倍速が出ているわけではない。CD-ROM の外側と内側で記録されているデータ量が違うため、回転速度が同じなら外側の方がたくさん読み出せる。そのため以前は、内側から読み出すときと外側から読み出すときで回転速度を変えていた。これを CLV方式という。しかし今は、回転速度を一定にしたり、段階的に変える方式が多くなっている。そのため「平均○倍速」とか「最高○倍速」という表記になっている。詳しくは CAV のページで。

 ノートパソコンで光学ドライブを内蔵していない場合、PCカードなどを介して接続する外付け型のドライブを使う方法もある。しかし今は、USB 接続の方が簡単だろう。

 デスクトップパソコンなら、性能の低い光学ドライブを高性能なドライブに替えることもできる。複数のドライブを使うことも可能だ。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top