用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CCCD】

  • コピーコントロールCD

 基本的には、音楽をパソコンのハードディスクに取り込んだり、CD-Rなどにコピーできないように制限した音楽CD。

 ここ数年で、音楽CDに記録されている曲を MP3、ATRAC3、WMA といった方式でパソコンに取り込んで(ハードディスクに記録して)楽しむ人が増えた。また、CD-R を使うと簡単に音楽CDの複製が作れる。この複製CDを、普通のCDプレーヤーで再生することもできる。

 こうした楽しみ方も、個人的な範囲なら基本的に認められている。しかし、借りてきた音楽CDから音楽をパソコンに取り込んだり、複製CDを作ったりすると、著作権法で認められた範囲を越えてしまう。

 さらに、パソコンに取り込んだ音楽データを、インターネットを通じて交換するサービスも登場して人気を呼んだ(ファイル交換ソフトを参照)。これは、ほとんど違法コピーだと指摘されている。

 こうしたことが増えると、アーチストや音楽会社に正当な利益が入らなくなって、長い目で見ると音楽産業が成り立たなくなる。そこで、一部の音楽会社から、パソコンではコピーできなくした音楽CDが発売されている。これが、コピーコントロールCD、略してCCCDだ。

 技術的には数種類あって、最初に登場したのはCD-ROMドライブでは再生できない方式。CD-ROMドライブで音楽CDを再生する場合、ディスクの中央付近に書き込まれた情報で音楽データの位置を確認している。ここに正しくない情報を書き込んで再生できなくしている。

 普通のCDプレーヤーやミニコンポ、CDラジカセなどは、その情報がなくても音楽データを再生できるので問題ない。また、カセットテープやMDへ音楽をコピーすることもできる。

 ただしカーステレオなどの中に、音楽CDの再生にCD-ROMドライブを使っているものがあって、この場合は再生できない。ちょっと問題だ。その一方で、パソコンやライティングソフトによってはCD-Rなどにコピーできてしまうこともあるという。

 なお、ウィンドウズパソコンの場合、コピーコントロールCDの中に記録されている専用ソフトを使って音楽を聞くことはできる。ただし、音質が落ちる。マッキントッシュでは、この専用ソフトが対応していないため聞けない。

 この他のコピーコントロール方式として、レーベルゲートCDというのもある。こちらは、パソコンへのコピーにも配慮がされている。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top