用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Cドライブ】

 一般的には、ウィンドウズが保存されているハードディスクのことだと思っていい。

 パソコンが起動するために必要な基本ソフト(OS)が記録されているディスクを起動ディスクという。

 ウィンドウズパソコンの場合、今は普通、Aドライブと Bドライブがなくて、ハードディスクが Cドライブになっている。そして、複数のハードディスクがあると、Dドライブ、Eドライブと続き、そのあとに光学ドライブなどが続く。ハードディスクが 1つの場合は、光学ドライブが D になる。

 で、普通は、この Cドライブと呼ばれるハードディスクにウィンドウズが入っていて、ここから必要なプログラムがメモリーに読み込まれてパソコンが起動する。そのため、Cドライブはウィンドウズパソコンにとって非常に大事なドライブといえる。

 もちろん、Cドライブには他のソフト(アプリケーションソフト)や、文書や画像などのデータも記録されている。

 なお、以前のパソコンは、ほとんどが IDE という方式で内蔵ハードディスクを接続していた。この場合、プライマリのマスターに設定されたハードディスクが Cドライブになる。IDE に関しては、別のページで説明しているので必要に応じて見てほしい。

 それと、一部のウィンドウズ、あるいはリナックスといった基本ソフトを使っていると、複数のハードディスクに別々の基本ソフトを入れて、パソコンを起動するときどれを使うか選ぶこともできる。そのため、この場合は、Cドライブから起動するとは限らない。また、このように 1台のパソコンで複数の基本ソフトを使うことをデュアルブートという。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top