用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Blu-ray課金】

  • ブルーレイ課金

 ブルーレイ・ディスク(Blu-ray Disc)にデータを記録できる機器と、記録可能なブルーレイ・ディスク(メディア)を対象にした私的録音録画保証金制度のこと。

 CDやDVDなどに、デジタル方式で録音・録画するとデータが劣化しない。また、簡単に大量に複製することもできる。そこで、著作権で認められた私的な(自分ひとりで楽しんだり、家族にように限られた範囲で共有するための)録音や録画からも著作権料を取ろうということになった。

 そのために制定されたのが私的録音録画保証金制度で、この制度の中でブルーレイ・ディスクを対象にしたものを一般にブルーレイ課金(Blu-ray課金)と呼んでいる。BD課金と書くこともある。

 具体的には、ブルーレイ・ディスクに音楽や映像を記録できる装置と、記録可能なブルーレイ・ディスクの価格に、一定の著作権料を上乗せして販売する。その価格は、どちらも1%以下だ。

 そして、その著作権料を著作権管理団体が集めて、音楽家やテレビ局、映画製作者などの権利者に分配する。

Bの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top