用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Baby-AT】

  • ATX
  • NLX
  • microATX
  • ライザーカード

 パソコンの中には、マザーボードと呼ばれるメインの基板が入っている。上記の用語は、どれもその規格に関するもの。

 一般的なメーカー製のパソコンを使っている場合、マザーボードの規格を気にする必要はほとんどない。しかし自分で部品を買い集めて自作パソコンを作ろうと思うと大事なポイントになる。

 具体的には、マザーボードの形状、ケースに取り付けるためのネジ穴の位置、拡張スロットの位置や数などが規格化されている。Baby-AT(ベビーエイティー)、ATX(エイティーエックス)、microATX(マイクロエイティーエックス)、NLX(エヌエルエックス)は、その規格名だ。

 上記の規格の中では現在、ATXの普及率が高い。以前は、ATという規格が基本だったけど、それを小型にしたBaby-ATが普及した。しかし最近は、さらに後から出てきたATXが主流になっている。

 ただ、Baby-ATもATXも基板のサイズがけっこう大きい。そのため、パソコン本体が大きくなってしまう。そこで、ATXの拡張スロットの数を減らしてサイズを小さくした、microATXという方式も増えている。

 Baby-AT、ATX、microATXは、マザーボード上に拡張スロットがあって、マザーボードに対して拡張ボードを直角に取り付ける。しかしこの方法だと、パソコン本体にある程度の厚みが必要になる。そのためパソコンを、いまいちコンパクトにできない。

 そこで登場するのが、ライザーカードを使う方法。ライザーカードは、拡張スロットだけの基板だ。メーカー製のパソコンでも、コンパクトな機種はこの方式を使っていることが多い。

 「上」といういう文字をイメージしてほしい。下の横棒がマザーボード。普通は、縦の棒が拡張カードになる。しかし、拡張カードの代わりにライザーカードを直角に取り付ける。そして、そのライザーカードに対して、拡張ボードを取り付ける。したがって、マザーボードと拡張ボードは平行になる。この方がパソコン本体を小さくできる。

 このようなライザーカードを使う方法は、以前はLPXという規格になっていた。しかし最近では、細かな点を調整したNLXという規格が主流になっている。

 なお最近は、BTX という新しい規格のマザーボードも普及しつつある。

Bの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top