用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【BYOD】

 BYODは、Bring Your Own Device の略で、「自分のデバイスを持ち込む」といった意味。ここでいうデバイスは、ノートパソコンやタブレット端末、スマートフォンなどの情報機器(モバイルデバイス)のこと。そして、持ち込む先はオフィスなどの仕事場だ。

 従来、仕事に使うパソコンや情報機器は会社が支給するのが基本だった。特に、ウイルス感染や情報漏えいといったリスクを回避するために、システム管理者が認めた機器以外は社内ネットワークに接続してはいけない、データをコピーしてはいけない、さらには業務用のパソコンを許可なく社外に持ち出してはいけないといった厳しいルールが適用されていることが多かった。

 同時に、私物のパソコンを会社に持ち込んだり、私物のパソコンに業務データをコピーすることも禁止されているケースが多かった。

 しかし最近は、使い慣れたタブレット端末やスマートフォンで、どこからでもクラウド・コンピューティングの環境にアクセスして、出先でも自宅でも仕事ができるという状況が整っている。そして、この方が効率的ということも認められるようになってきた。会社としても、社員に情報機器を支給しなくて済むので経費を抑えることができる。

 一方で、さまざまな性能・種類のデバイスをネットワークに接続すると、機器管理の手間が増える。データ管理上のリスクも高まる。こうしたことに対する技術的な対応が進んだことも、BYOD が注目されている一因だろう。

 たとえば、情報機器を紛失したり盗まれたりしたとき、遠隔操作でその機器をロックして使えなくしたり、内部のデータを削除したりできる MDM といった技術やソフトウェアが発達している。

Bの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top